やっぱりカフェインレスが大事?

妊娠中は、基礎体温が高目の状態が続くせいか、とてものどが渇きますよね。
また、普段とは違うホルモンバランスのせいか、妊娠前より汗をかきやすくなったと感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、だからといってカフェインが多く含まれている飲み物は、鉄分吸収を妨げ、貧血の原因になるので避けたほうが良い飲み物です。

定番はほうじ茶や麦茶

028_Rでは、どんな飲み物が妊娠中でも安心して飲めるのかと思いますよね。
私のお勧めは、やはりほうじ茶や麦茶といった、カフェイン含有量の少ないお茶です。

お茶にはビタミンが含まれているので、お腹の赤ちゃんに栄養分を分け与えている妊娠中の体にも、とてもいいですよ。

他に、牛乳や豆乳といった、カフェインレスでカルシウムの含有量が比較的高い飲み物もお勧めです。

ただ、アレルギー体質の方は、牛乳も豆乳もアレルギー成分が含まれているので、体調やかかりつけのお医者さんにも相談したほうがいいかもしれませんね。

栄養補給に野菜ジュースやスムージー

023_Rそれから、野菜ジュースなどもお勧めですよ。

特に市販のものではなく、自分でミキサーなどを使用して作るスムージーは、自分の体に必要な栄養素を含む食材を自分で都度選ぶことができますし、妊娠中に陥りやすい便秘解消にも役立ちます。

特に、ホウレンソウや人参など、カルシウムや鉄分を含むものを使うように心がけると、一緒にカルシウム、鉄分も取れて一石二鳥です。

ハーブティーも、カフェインレスのものが多く、心を落ち着かせてくれるのでお勧めですね。

しかし、中には子宮収縮作用のあるものも市販されているので、注意しないといけません。予定日を過ぎてもなかなか生まれない方にはそういったハーブティーを飲むのもありだとは思いますが、初期や中期の方は避けたほうが良いでしょう。

お勧めできるハーブティーとしては、ビタミン豊富でむくみ解消にも役立つ「ローズヒップ」や、鉄分やカルシウムの含有量が高く最近はやりの「ルイボスティー」、お乳の出を良くする作用のある「タンポポティー」です。

何かと体の変化がある妊婦さんには、上手に必要な栄養素が含まれていたり、リラックス効果のある飲み物を摂取して、安心して臨月まで過ごして欲しいですね。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks