赤ちゃんができたら利用したい飲み物

ルイボスティー

ruibosu妊婦さんなら一度はチャレンジしたことがある方もおおいのではないでしょうか?
ノンカフェインですしルイボスティーには、妊娠時や授乳期に必要な鉄分やカルシウムを多く含んでいます。

また美白効果も期待できますので、わたしは授乳がおわっても飲み続けていました。
飲みやすい味ですので、続けやすいのも妊娠中には嬉しい特徴ですよね。

タンポポ茶

tanpopo4つぎにタンポポ茶です。

こちらもノンカフェインです。
味は好みが分かれますが、これは母乳がよくでるようになるということで有名ですよね。

タンポポ茶のよいところはそれだけではありません。
むくみ防止や身体を温めてくれる効果など、妊娠時のママさんたちには嬉しいメリットがたくさん。

また血行促進やお通じにもよいので、身体にも優しいのです。

タンポポ茶は、赤ちゃんグッズ売場などでも売られていますよ。

手作りジンジャーエール

gingerまた、つわりの時期には、ジンジャーエールを作って飲んでみませんか。

作りかたは意外に簡単。
生姜汁とレモン汁とハチミツを少々まぜたものに炭酸水を加えるだけ。

すっきりとしていて飲みやすいので、おすすめです。
生姜はめぐりUP効果もあるので、体を温めてくれるのも嬉しいですよね。

そのほかにも野菜ジュースなどで栄養補給をするのも◎。
なかなか食事で、いろいろな栄養素を充分補うのは難しいですから、野菜ジュースを習慣にするとよいかもしれません。

また柚子茶も、妊娠中に大切な葉酸がとれるのでおすすめします。
柚子茶はまたビタミンミネラルがたっぷり含まれていますし、身体を温めてくれる働きもあります。
まさに一石二鳥の飲み物なのです。

いかがでしたか。
妊娠中は、とらなければならない栄養素がたくさん。

とくに鉄不足などはママだけでなくお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。

だけど全てを食事出とるのは大変なこと。そこで少しでも身体によい飲み物をとりいれ、それを習慣にしてしましょう。

飲み物でしたら、そこまで飽きることもありませんし、貧血予防や便秘の解消など健康にもつながります。

妊娠中に飲んでよいものは授乳期にも飲んで効果のあるものがほとんど。続けることが大切だと思います。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks